<< 換毛期 その3 | main | 通販カタログからの抜粋  ■牧草■ >>
換毛期 その4
すみません!
最後の記事から数か月経過・・・(;´▽`A``
年まで越してしまいました。。。スンマセン...。
HERAさんには愛想をつかされてしまったので
今回のモデルはお客さん宅のうさちゃんにお願いしました。。。
モデルチェンジで続き行きま〜す!

お腹側のブラッシングですが、ひっくり返す事が出来ない!
だからお腹側を見たことが無い!と仰られる方が多いです〜

ひっくり返す方法 その1

まず利き手のポーズ(?)

私の利き手は右なので、右手で説明。
利き手が左の人は、雰囲気で分かって(;´▽`A``

親指と人差し指の間にうさちゃんの首が入って、人差し指と中指の間は
うさちゃんの左前足の付け根(脇下)に入る感じです。
手のひらはうさちゃんの首下から腹部をホールドする事になります


爪切りの時と同じく、まず膝の上で横抱き



様子を伺いながら、そ〜っと右手を差し込んで、ポーズの形を作ります


左手でお尻を支えながら、そ〜っと右手を持ち上げていきます



どうでしょう、ここまで出来ましたか?


右手を持ち上げつつ、うさちゃんのお尻から背中がケアする人の左腕に添うように更に持ち上げます。



その時の右手の形とうさちゃんの状態はこんな感じです
(撮影の為に腕から離してます)




お尻を持ちつつ、うさちゃんの頭を左脇の下に挟み込む為に更に持ち上げ
脇の下で頭をホールドします。



この時に目を傷つけない為に、出来るだけ肌触りの柔らかい優しい素材の服を
着ておいて下さいね。

それと、脇をギューッと閉めなくとも、うさちゃんの背中からお尻が、きちんと
飼い主さんの体にフィットしていればジタバタ暴れる事はあまりないハズ・・・

安定が悪いと恐がりますし、飼い主さんの心臓がバックンバックンして気持ちが
極度に不安定・緊張状態でも恐がります。

1度に出来なくても、少しずつで構いません、最終出来なくてもOK♪
うさちゃんも嫌がると思うけど、普段触れない場所をちょっとずつ
飼い主さんも触られる側のうさちゃんも馴れる為に練習するつもりで
焦らず・騒がず・しつこくなく、ボチボチやってみて下さい(^▽^)

お腹側のブラシは背中の時よりはソフトに優しく下から上へ
撫でる感じです。



この状態に出来るようになると、足の裏・陰部周辺をちゃんと
見ることが出来ます。

どうでしょう?出来そうですか??

モデルに協力してくれたヒカル兄さんサンキューサー(・◇・)ゞ
今度貢物するわね(^▽^;)



| ケア | 11:59 | - | - | ↑TOP