<< アイブライト(コゴメグサ) | main | カモミール(ローマン) >>
カモミール(ジャーマン)
ヨーロッパ各地で、民間葉として利用が広いハーブ
江戸時代に伝来したといわれている
原産:北ヨーロッパ・西アジア
キク科:マトリカリア属1年草
和名:カミツレ
主要成分:アズレン誘導体(5〜17%)

ローマンカモミールとは薬効は共通しているが、別物

【効能】
鎮静作用・消化促進作用・鎮痛作用・消炎作用・食欲促進・殺菌作用

ジャーマンカモミールの利用する部分は主に花の部分。
青りんごに似たほのかな香りが特徴。
ハーブティとして使われるのは、このジャーマンカモミールが主流
軽い入眠導入材としても利用可能。

ピーターラビットのお話の中で、おなかが痛くなったピーターラビットにお母さんが飲ませたのはこのジャーマンカモミールのハーブティー
ヨーロッパでは家庭の常備薬のようなハーブです。

【カモミールの精油としての情報】
植物のカモミールには含まれませんが、精油を抽出する際にカマズレンという強力な抗炎症成分が形成されます。
ジャーマンカモミールの成分は、カマズレン等のセキステルペン炭化水素(殺菌、消炎、抗ウイルス、抗アレルギー)が主な成分です。

子宮収縮作用があるので、妊娠中は使用量を守る、精油は使用禁止。
| ハーブ・アロマ | 13:50 | - | - | ↑TOP