<< 爪切り実戦編 その1 | main | 医学大百科 >>
爪切り実戦編 その2
レッツ爪切り♪と言ってから数日経過してしまいましたね(; ̄ー ̄A

今回の爪切りモデルは芙蓉さんです(o^∇^o)


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

まず、椅子に座りうさちゃんを膝の上に横向きに乗せます。
私は通常うさぎを右向きに乗せて、右の前肢→右の後肢
うさぎを左向きにに乗せ変えて、左の前肢→左の後肢の順番に切りますので
今回もその手順で紹介しますが、特に決まりはありません(^-^;


この時に飼い主さんはうさちゃんに声を掛けながら、ボディを撫で
うさちゃんと自分を落ち着かせます。
いつでもうさちゃんの咄嗟の動きに対応出来るよう心がけて下さい。
暴れて逃げようとしても、飼い主さんの体全体を使って包み込むように
決して落とさない・離さないで下さいね。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


少し前かがみになり上半身でホールドします。
後ろに逃げようと後退する場合は脇を締め落ちないよう阻止します。
そして指を1本づつチェックしていきます。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


爪の白い子は中の血管も見やすいので、血管の手前でカットします。

手元アップ↓


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

うさちゃんの爪は前肢5本・後肢4本づつあり
よく忘れがち&切り難いのがこの前肢の内側にある爪(-"-;

少し前肢を持ち上げ、内側の爪も忘れずに切ります。
この爪が折れやすく骨折もしやすいです・・・。
(画像がボケててすみません・後で取り直します)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

前肢を切り終えたら、今度はそのまま後ろ足の爪を切っていきますが
後ろ足は触られるのを嫌がる子が多いので体全体を使って落とさない注意が
一番必要な時でもあります。


爪切りを持っている右手も手首から肘まですべてをうさちゃんの体に付けて
少しでもうさちゃんが安定して不安がらないようにします。


爪の中にあるピンクの筋が血管です。
これを切ってしまうと出血してしまいます・・・。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

右の前肢・後肢を切ったら、今度はうさちゃんを左向きに膝に乗せなおします。
この時も声を掛けながら、体を撫でたり頭をなでたりしながら乗せなおします。



手順は一緒で、前肢の爪をチェックしてカットしていきます。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



前肢が終わったらそのまま後肢の爪を切ります。


すべての爪が切り終わったら無事終了です!

・・・この記事見て出来そうですかね?
無理じゃぁ〜!って方、個別指導しますのでうさちゃんと一緒に
お店に来て下さい(^-^;;
| ケア | 14:12 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
この記事のトラックバックURL
http://usa.hypnoticspace.com/trackback/46150
トラックバック