<< ケア用品 コーム編 | main | ケア用品 フェイスコーム編 >>
ケア用品 スリッカー編
短毛種のうさちゃんのケアにスリッカーブラシを勧めるメーカーさんやお店がありますが
スリッカーブラシ ↓こういうの↓

ローレンス・ソフトスリッカーブラシ


これはうさちゃんの場合は毛玉をほぐす時に使います。
ワンコでは洗った後ドライヤーで毛を根元から乾かす時に使います。
(毛玉にも使いますが)

で、うさちゃんの場合、軽い毛玉ならこのタイプの針金(ピン)の部分が細くて柔らかいスリッカーで解せるのですが、皮膚ギリギリまで毛が絡んでフェルトのようになってしまってる場合はピン部分が少し固い↓これ↓が優れています。

ロングティスリッカー



ソフトスリッカーもロングティスリッカーも、細い針金で出来たブラシなので
皮膚に当てることは厳禁です。

解したい毛玉の皮膚の根元を指でしっかり保護して指で保護した部分より上の毛にスリッカーをあてて毛玉を解します。

ロングティは保護している自分の指に当った場合、サクッと刺さって血が出る事もありますが、それは使ってる人の腕が悪いせいなので自業自得です...。
くれぐれもうさちゃんの皮膚にそのような事がないように扱いに注意が必要なので
一般の方にはお勧めしませんが、グルーミングに慣れていてある程度自信のある方には有能な道具としてお勧めです(*゜▽゜*)

ネザーやホーランドのボディでこれを使う事は私はありませんが、足の大きいうさちゃんは足の裏や横に毛玉が出来ている場合がありますので、足の裏や横に毛玉があればソフトスリッカーで取り除きます。

ロングティを使うのはキツイ毛玉の出来てしまったアンゴラやファジーなどの長毛種です。


ピンの先にプラスチック(?)で球が付いたようなのがありますが
皮膚を傷つけないというのはいいんですが、球が付いている分、毛球にピン先が入りませんし、私が使う目的ではまるで役に立ちませんが、浮いている毛を梳いて取るならいいかも知れません。
梳いて取るならコームで取りますけどね(^-^;;

さて、次はもっと細かい部分に適したフェイスコームと行きましょうか・・・
| ケア | 02:11 | - | - | ↑TOP