<< ケア用品 フェイスコーム編 | main | うさぎの白内障 2 >>
うさぎの白内障 1
今まで、グルーミングの際に「白内障」になりかかってる子に
沢山出会いました。

まだ飼い主さんが気付いていない初期の段階を見つける事になりますので
飼い主さんに白内障の疑いがあると告げると、とてもショックを受けられます...。

白内障は殆どの場合、加齢による老化現象です。
ここ数年で白内障のうさちゃんを沢山見かけるようになったと言う事は
それだけうさちゃんの寿命が延びているという事だと思います。

私が今の仕事を始めた当初、うさぎの寿命は5〜7年と教わりました。
しかし実際には、その年数は理想であり、本当にそれだけ生きたうさちゃんは
少なかったと思います。
それが今、9歳・10歳のうさちゃんが随分増えましたし
ヨボヨボでかろうじて生きているという状態では無く、
普通に元気に年を重ねている高齢で元気なうさちゃんが増えました。

それはうさぎの飼育用品の充実・飼い主さんの知識の底上げ
その両方を支えているのは専門店です。>自画自賛!
地道な指導やメーカーとの協力だと思います。>いや本当ですよ!

話が少し反れましたが、白内障の症状が出るという事は、今までのような5年〜7年で亡くなっていれば出ない老化現象が出る程長生きしていると前向きにとらえましょう。
勿論、正しい食生活と飼育法での予防も必要です!
症状が出始めてからは対処も必要ですよ!!

白内障は見て分かりますので日頃から、うさちゃんの目を注意深く見て下さい。
ライトを当てたりしなくても自然光が差し込む室内で分かります。

お天気の良い日に室内でうさちゃんの目を色々な角度から見てみて下さい。

人間と同じく瞳孔があり、その瞳孔をよーく見て、どこかに銀・乳白色のような部分的に反射している所が無いか、正面から見ても分からないけど斜め横からみると反射して見えたりします。

白内障では無く、眼球にキズが付いた場合も白内障の初期症状のように
瞳孔に濁りや部分的な反射が見られますが、いずれの場合も獣医師の診断を受けましょう。

| 色々な疾患 | 18:16 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
この記事のトラックバックURL
http://usa.hypnoticspace.com/trackback/578933
トラックバック